GDC-0068

GDC-0068は、5nM、18nMと8nMのIC50でAkt1、Akt2とAkt3を目標としている非常に選択的な汎Akt阻害剤です。

目録号S2808
価格 在庫  
USD 340 In stock
USD 466 In stock
USD 476 In stock
USD 1348 In stock
USD 2104 In stock

GDC-0068 化学構造
分子量: 458

品質と確認

Quality Control & MSDS

製品情報

  • Combination Therapy
    併用療法
  • Compare Akt Inhibitors
    Akt阻害剤を比較
  • 研究分野

製品の説明

生物活性

情報 GDC-0068は、5nM、18nMと8nMのIC50でAkt1、Akt2とAkt3を目標としている非常に選択的な汎Akt阻害剤です。
目標 Akt1 Akt2 Akt3
IC50 5 nM 18 nM 8 nM [1]
In vitro試験 Testing against a broad panel of 230 kinases, GDC-0068 only inhibits 3 kinases by >70% at 1 μM concentration (PRKG1α, PRKG1β, and p70S6K, with IC50 of 98 nM, 69 nM, and 860 nM, respectively). GDC-0068 displays >100-fold selectivity for Akt over PKA with IC50 of 3.1 μM. In LNCaP, PC3 and BT474M1 cells, GDC-0068 treatment inhibits the phosphorylation of the Akt substrate, PRAS40 with IC50 of 157 nM, 197 nM, and 208 nM, respectively. Furthermore, GDC-0068 selectively inhibits cell cycle progression and viability of cancer cell lines driven by Akt signaling, including those with defects in the tumor suppressor PTEN, oncogenic mutations in PIK3CA, and amplification of HER2, with strongest effects in HER2+ and Luminal subtypes. [1-4]
In vivo試験 Oral administration of GDC-0068 in PC3 prostate tumor xenografts model induces down-regulation of p-PRAS40. In BT474-Tr xenografts, GDC-0068 treatment reduces pS6 and peIF4G levels, re-localizes FOXO3a to nucleus, and induces feedback upregulation of HER3 and pERK. Administration of GDC-0068 exhibits potent antitumor efficacy in multiple xenograft tumor models, including the PTEN-deficient prostate cancer models LNCaP and PC3, the PIK3CA H1047R mutant breast cancer model KPL-4, and MCF7-neo/HER2 tumor model. [1-4]
臨床試験 A Phase I study of GDC-0068 in patients with refractory solid tumors is ongoing.
特集

推薦された実験操作 (公開の文献だけ)

動物実験: [1]

動物モデル Female nude mice bearing LNCaP, PC3, KPL-4, or MCF7 tumor xenografts
製剤 Formulated in 0.5% methylcellulose/0.2% Tween-80
投薬量 ~100 mg/kg/day
管理 Orally
1

参考

化学情報

Download GDC-0068 SDF
分子量 458
化学式

C24H32ClN5O2

CAS No. 1001264-89-6
別名 N/A
溶解度 (25°C)
  • DMSO 92 mg/mL
  • 水 <1 mg/mL
  • エタノール 92 mg/mL
保管 2年 -20°C
6月-80°Cin DMSO
化学名 (S)-2-(4-chlorophenyl)-1-(4-((5R,7R)-7-hydroxy-5-methyl-6,7-dihydro-5H-cyclopenta[d]pyrimidin-4-yl)piperazin-1-yl)-3-(isopropylamino)propan-1-one

研究分野

技術サポート&よくある質問(FAQ)

顧客がするかもしれない質問に対する答えは、指示を取り扱っている阻害剤で見つかります。話題は、貯蔵液(阻害剤と特別な注意を細胞ベースの分析法と動物のために必要とする問題を保存することは実験します)を準備する方法を含みます。

電話番号: +1-832-582-8158 Ext:3月曜日〜金曜日 9:00 AM–5:00 PM (米国中部標準時)

他の問い合わせをするならば、メッセージを残してください。

* 必須

Related Akt 阻害剤

  • Perifosine (KRX-0401)

    Perifosine (KRX-0401)は、4.7 nMのIC50による新しいAkt阻害剤です。

  • MK-2206 2HCl

    MK-2206 2HClは高度選択的に Akt1, Akt2 and Akt3を抑制して、 IC50がそれぞれ 8 nM, 12 nM と 65 nMになる。

  • GSK690693

    GSK690693は、Akt1、Akt2とAkt3を目標としている汎Akt阻害剤で、IC50 がそれぞれ 2 nM、13 nM、9 nMです。

  • Triciribine

    Triciribineは、DNA合成阻害剤で、そのうえAktリン酸化とHIV-1を妨げます。IC50 がそれぞれ 130 nM と 20 nMです。

  • PHT-427

    PHT-427は、二重AktとPDPK1阻害剤で、Ki が それぞれ2.7 μM と 5.2 μMです。

  • AT7867

    AT7867は、Akt1、Akt2とAkt3の強力なATP競争的阻害剤で、IC50 がそれぞれ 32 nM、17 nM と 47 nMです。

  • Honokiol

    Honokiolは、PI3K/Aktに対する抑制影響のために抗血管新生で、抗炎症性で、抗腫瘍特性を示すホオノキgrandiflorisの円錐、皮と葉に存在するbiphyl新リグナン経路です。

  • CCT128930

    CCT128930は、6nMのIC50によるAkt2の強力で、ATP競争的で、選択的な阻害剤です。

  • A-674563

    A-674563は、Akt1 抑制影響を示しまして、Ki が 11 nMです。

  • Triciribine phosphate

    Triciribine phosphateは、130nMのIC50による強力なAkt阻害剤です。

最近見られたアイテム

Tags: GDC-0068を買う | GDC-0068供給者 | GDC-0068を購入する | GDC-0068費用 | GDC-0068生産者 | オーダーGDC-0068 | GDC-0068代理店
お問い合わせ