p38 MAPK

  • p38 MAPK阻害剤を比較
  • 研究分野

p38 MAPK 阻害剤 (11)

水溶性

目録号 製品名 情報 製品表彰状 カスタマーレビュー
S1076 SB203580 SB203580は0.3–0.5μMのIC50によるp38MAPK阻害剤で、3–5μMのIC50で、PKBリン酸化を妨げます。
S1574 BIRB 796 (Doramapimod) BIRB 796 (Doramapimod)はp38αMAPKの高さ選択阻害剤、THP-1細胞に作用する時、EC50が18nMになる。
S1077 SB202190 (FHPI) SB202190 (FHPI)は、p38α</b、p38βを目標としている強力なp38 MAPK阻害剤で、IC50 がそれぞれ 50 nM と 100 nMです。
S1494 LY2228820 LY2228820は、p38 MAPKの新しくて強力な阻害剤で、 IC50 が7 nMになる。
S6005 VX-702 VX-702は、非常に選択的な阻害剤で、p38 MAPKαに作用する時、IC50 が 4-20 nMになる。
S7215 Losmapimod (GW856553X) Losmapimod (GW856553X) is a selective, potent, and orally active p38 MAPK inhibitor with pKi of 8.1 and 7.6 for p38α and p38β, respectively. Phase 3.
S7214 Skepinone-L Skepinone-L is a selective p38 MAPK inhibitor with IC50 of 5 nM.
S2726 PH-797804 pH-797804は、26nMのIC50によるp38αへの新しいピリジンケトン阻害剤です。
S1458 VX-745 VX-745は有効的選択性阻害剤、 p38α と p38β MAPK を抑制する時、IC50 がそれぞれ 10 nM と 220 nMになる。
S2928 TAK-715 TAK-715は、p38αのためのp38 MAPK阻害剤で、 IC50 が 7.1 nMです。
S2266 Asiatic Acid Asiatic acid is the aglycone of asiaticoside isolated from the plant Centella asiatica, commonly used in wound healing.
お問い合わせ