EGFR

EGFR (34)

水溶性

目録号 製品名 情報 製品表彰状 カスタマーレビュー
S1023 Erlotinib HCl (OSI-744) Erlotinib HCl (OSI-744)は、2nMのIC50によるHER1/EGFR阻害剤です。
S1025 Gefitinib (ZD1839) Gefitinib (ZD1839) は、NR6wtEGFRとNR6W細胞のTyr1173、Tyr992、Tyr1173とTyr992のためのEGFR阻害剤で、IC50 がそれぞれ 37 nM、 37nM、 26 nM 、57 nMです。
S1011 Afatinib (BIBW2992) Afatinib (BIBW2992)は不可逆的にEGF受容体/ HER2含むEGF受容体を抑制、 EGFR L858R , EGFR L858R/T790M と HER2を作用すると、 IC50がそれぞれ0.5 nM, 0.4 nM, 10 nM, 14 nMとなる。
S1028 Lapatinib (GW-572016) Ditosylate Lapatinib (GW-572016) Ditosylateは有効EGFRとErbB2阻害剤、IC50それぞれ10.8と9.2nM。
S2111 Lapatinib ラパチニブ(Lapatinib Ditosylateの形で使われる)は、有力なEGFRErbB2 阻害剤で、IC50 がそれぞれ 10.8 と 9.2 nMです。
S2150 Neratinib (HKI-272) Neratinib(HKI-272)は、非常に選択的なHER2とEGFR阻害剤で、IC50 がそれぞれ 59 nM と 92 nMです。
S1173 WZ4002 WZ4002は、EGFR L858RとEGFR L858R/T790Mのための新しい、変異体選択EGFRキナーゼ阻害剤で、 IC50 がそれぞれ 2 nM と 8 nMになる。
S8009 AG-18 AG-18は、EGFRを妨げまして、IC50 が35 μMです。
S7039 PD168393 PD168393は、有力なEGFR阻害剤で、IC50 が0.7 nMです。
S7284 CO-1686 CO-1686 (AVL-301) is an irreversible, mutant-selective EGFR inhibitor with Ki of 21.5 nM and 303.3 nM for EGFRL858R/T790M and EGFRWT, respectively.
S1019 Canertinib (CI-1033) Canertinib (CI-1033) は有効的に チロシンキナーゼを抑制で、 EGFR と erbB2 を作用する時IC50 はそれぞれ 1.5 nM と 9.0 nMになる.
S1056 AC480 (BMS-599626) AC480 (BMS-599626)は、HER1とHER2の選択的で口で有効な阻害剤で、IC50 がそれぞれ 20 nM と 30 nMです。
S1079 PD153035 HCl PD153035 HClは、EGFRの強力で特定の阻害剤で、Ki と IC50 がそれぞれ 5.2 pM と 29 pMです。
S1143 AG-490 (Tyrphostin B42) AG-490 (Tyrphostin B42)は、EGFRの選択的な阻害剤、ErbB2とJAK2で、IC50 がそれぞれ 0.1 μM、 13.5 μM、 and ~10 μMです。
S1167 CP-724714 CP-724714は、10nMのIC50によるerbB2の強力な、選択的な阻害剤です。
S1170 WZ3146 WZ3146は、EGFR(L858R)とEGFR(E746_A750)の変異体選択元に戻らない阻害剤で、IC50 がそれぞれ 2 nM と 2 nMです。
S1179 WZ8040 WZ8040は、新しい変異体選択元に戻らないEGFRT790M阻害剤です。
S1194 CUDC-101 CUDC-101は、HDACEGFR、HER2を目標としている強力なマルチターゲット阻害剤で、IC50 がそれぞれ 4.4 nM、 2.4 nM、15.7 nMです。
S1342 Genistein Genistein is a soy-derived isoflavone and phytoestrogen with antineoplastic activity.
S1392 Pelitinib (EKB-569) Pelitinib (EKB-569) は、強力なEGFRチロシン・キナーゼ阻害剤で、IC50 が38.5 nMです。
S1486 AEE788 (NVP-AEE788) AEE788 (NVP-AEE788)は、EGFRとerbB2の強力な二重阻害剤で、IC50 がそれぞれ 2 nM と 6 nMです。
S2192 AZD8931 (Sapitinib) AZD8931 (Sapitinib)は、EGFR、erbB2とerbB3の可逆的な、ATP競争的阻害剤で、IC50 がそれぞれ 4 nM、3 nM、4 nMです。
S2205 OSI-420 OSI-420は、人間のEGFRとEGFR自己リン酸化の抑制のための経口で有効なEGFR チロシンキナーゼ阻害剤であるErlotinibの活性代謝物質で、IC50 がそれぞれ 2 nM と 20 nMです。
S2727 Dacomitinib (PF299804, PF299) Dacomitinib (PF299804, PF299)は、IC50が6nM、45.7nMと73.7nMによりあるEGFR(ERBB1)、ERBB2とERBB4に対する強力な、元に戻らない汎ERBB阻害剤です。
S2728 AG-1478 (Tyrphostin AG-1478) AG-1478(Tyrphostin AG-1478)は、3nMのIC50による選択的な上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)チロシン・キナーゼ阻害剤です。
S2752 ARRY-380 ARRY-380は口で生物が利用可能な、強力な、選択的な、小さな分子チロシン・キナーゼ阻害剤で、有効的にHER2を抑制、 IC50 が 8 nM.
S2755 Varlitinib Varlitinibは選択と有効なキナーゼ阻害剤、 ErbB-1 と ErbB-2 に作用すると、 IC50 がそれぞれ 7 nM と 2 nMになる。
S2185 AST-1306 AST-1306は、EGFRとErbB4のための新しい元に戻らない上皮細胞増殖因子受容体阻害剤で、IC50 がそれぞれ 0.5 nM と 0.8 nMです。
S2784 TAK-285 TAK-285は、17nMと23nMのIC50による新しい二重HER2とEGFR阻害剤です。
S2826 Desmethyl Erlotinib (CP-473420, OSI-774) Desmethyl Erlotinib (CP-473420, OSI-774) is a free base of OSI-420, which is an active metabolite of Erlotinib which is an orally active EGFR inhibitor for human EGFR with IC50 of 2 nM.
S2867 WHI-P154 WHI-P154 is a potent JAK3 inhibitor with IC50 of 1.8 μM, no activity against JAK1 or JAK2, also inhibits EGFR, Src, Abl, VEGFR and MAPK, prevents Stat3, but not Stat5 phosphorylation.
S2895 Tyrphostin 9 Tyrphostin 9 is firstly designed as an EGFR inhibitor with IC50 of 460 μM, but is also found to be more potent to PDGFR with IC50 of 0.5 μM.
S2922 Icotinib Icotinibは、有力で特定のEGFR 抑制剤で、IC50 が 5 nMです。
S7206 CNX-2006 CNX-2006 is a novel irreversible mutant-selective EGFR inhibitor with IC50 of < 20 nM.