Aurora Kinase

Aurora Kinase 阻害剤 (26)

水溶性

製品コード 製品名 製品説明 文献中の引用 カスタマーフィードバック
S1133 Alisertib (MLN8237) Alisertib (MLN8237)は、1.2nMのIC50による選択的なオーロラA阻害剤です。
S1048 VX-680 (Tozasertib, MK-0457) VX-680 (Tozasertib, MK-0457)は汎オーロラ・キナーゼ(AK)阻害剤、、オーロラA、オーロラBとオーロラCに作用すると、 Kiapp がそれぞれ 0.6 nM、18 nM 、 4.6 nMになる。
S1147 Barasertib (AZD1152-HQPA) Barasertib (AZD1152-HQPA)は、0.37nMのIC50による非常に選択的なオーロラB阻害剤です。
S1103 ZM 447439 ZM 447439は、オーロラ選択ATPです-競争的な阻害剤で、オーロラAキナーゼとオーロラBキナーゼに作用すると、IC50が それぞれ 110 nM と 130 nM,になる。
S1100 MLN8054 MLN8054は、4nMのIC50によるオーロラAキナーゼの強力で選択的な阻害剤です。
S7843 BI-847325 BI-847325 is an orally bioavailable, and selective dual MEK/Aurora kinase inhibitor. Phase 1.
S1107 Danusertib (PHA-739358) Danusertib (PHA-739358)は ポ-ピラゾール分子が小さいauroraキナーゼとBcr-Ablキナーゼ阻害剤、auroraA, B, Cを作用すると、 IC50がそれぞれ 13 nM, 79 nM, 61 nMとなる.
S1134 AT9283 AT9283は、オーロラA、オーロラB、JAK3、JAK2とablの強力な汎オーロラ阻害剤で、IC50 がそれぞれ 3 nM、 3 nM、 1.1 nM、 1.2 nM 、 4 nMです。
S7588 Reversine Reversine is a potent human A3 adenosine receptor antagonist with Ki of 0.66 μM, and a pan-aurora A/B/C kinase inhibitor with IC50 of 12 nM/13 nM/20 nM, respectively. Also used used for stem cell dedifferentiation.
S7065 MK-8745 MK-8745 is a potent and selective Aurora A inhibitor with IC50 of 0.6 nM, more than 450-fold selectivity for Aurora A over Aurora B.
S2158 KW-2449 KW-2449はFLT3とABLキナーゼを抑制、IC50がそれぞれ6.6と14nMになる。
S1249 JNJ-7706621 JNJ-7706621は新型有効の広い譜CDKとAuroraキナーゼ阻害剤、IC50が3-253nMになる。
S2740 GSK1070916 GSK1070916は、Aurora BAurora Cの可逆的でATP競争的阻害剤で、IC50 がそれぞれ 3.5 nM と 6.5 nMです。
S2744 CCT137690 CCT137690 非常に選択的なオーロラ・キナーゼ阻害剤です。オーロラ-A、オーロラ-Bとオーロラ-Cに作用すると、 IC50 がそれぞれ15 nM、25 nM 、19 nMになる。
S2770 MK-5108 (VX-689) MK-5108(VX-689)は、0.064nMのIC50による非常に選択的なオーロラ-Aキナーゼ阻害剤です。
S1451 Aurora A Inhibitor I Aurora A Inhibitor I阻害剤IはAurora A選択阻害剤、IC50が3.4nM。
S1519 CCT129202 CCT129202は、ATP競争的汎オーロラ・キナーゼ阻害剤で、オーロラA、オーロラBとオーロラCに作用すると、 IC50がそれぞれ 0.042 μM、 0.198 μM 、0.227 μM になる。
S1454 PHA-680632 PHA-680632は、オーロラA、オーロラBとオーロラCの強力な阻害剤で、IC50 がそれぞれ 27 nM、 135 nM 、120 nMです。
S1529 Hesperadin HesperadinはオーロラBキナーゼの阻害剤で、人間のオーロラBとT. bruceiオーロラ・キナーゼ-1(TbAUK1)に作用すると、 IC50がそれぞれ 250 nM 、40 nM になる。
S2718 TAK-901 TAK-901は、オーロラA(B)の新しい阻害剤です、そして、最低のIC50の価値でCキナーゼ・ナノモル範囲。
S1181 ENMD-2076 ENMD-2076は、有糸分裂キナーゼ・オーロラAとオーロラBの選択的な阻害剤で、IC50 がそれぞれ 14 nM と 350 nMです。
S1171 CYC116 CYC116は、口で生物が利用可能な小分子です;オーロラ・キナーゼ/VEGFR2の阻害剤、 オーロラ・キナーゼAとBに作用すると、 Kiが それぞれ8.0と 9.2 nMになる。
S2719 AMG-900 AMG-900は、IC50が5nM未満によりある口で生物が利用可能で、強力で、非常に選択的な汎オーロラキナーゼ阻害剤です。
S2725 PF-03814735 PF-03814735は、IC50が0.8nMと5nMによりある両方のオーロラ1とオーロラ2キナーゼの新しくて、強力で、口で生物が利用可能で、可逆的な阻害剤です。
S1154 SNS-314 Mesylate SNS-314 MesylateはATP競争性と選択阻害剤、AuroraキナーゼA、B、とCを抑制する時に、IC50がそれぞれ9、31、3nMになる。
S2018 ENMD-2076 L-(+)-Tartaric acid ENMD-2076 L-(+)-Tartaric acid is the tartaric acid of ENMD-2076, a selective inhibitor of Aurora A and Aurora B with IC50 of 14 nM and 350 nM and also inhibits Flt3, Flt4 and VEGFR2 with IC50 of 1.86 nM, 15.9 nM and 58.2 nM, respectively.
お問い合わせ